カテゴリーで絞り込む:
件数:307
2023年4月11日(火) KONOMATAのひとり言

日本一の米子城

米子市の中心地、湊山に築かれた米子城は、最近「絶景の城」全国一位に選ばれるなど特に注目を集めている観光スポットです。 先日、県外からのお客様をご案内しました。 この方は、歴史やお城に造詣が深く今回の訪問を楽しみにされていました。 鳥取大学病院の路地を曲がったところで、突然巨大な城壁が目に飛び込んできました。 車を湊山公園の駐車場に停めてから城に向かって歩い ...続きを見る

2023年4月10日(月) KONOMATAのひとり言

来間屋生姜糖

出雲市平田町の木綿街道入り口近くに来間屋生姜糖本舗があります。 出雲のお土産として江戸時代から人気の逸品で、当時のままの製法と味を今に伝えています。 本日、来間屋生姜糖本舗様がお参りされました。 生姜糖は、生姜と砂糖と水だけで固めたシンプルながら奥の深いお菓子です。 生姜は、斐川町出西地区でしか栽培されていない出西生姜を使用しています。 出西生姜は、繊維が ...続きを見る

2023年4月9日(日) KONOMATAのひとり言

御衣黄は今が見ごろ

桜の花見シーズンは終わったかのように思われますが、それは違います。 先週、華々しく散ったのはソメイヨシノで、品種によってはまだ見頃の桜もあります。 雲南市三刀屋町で有名な「御衣黄(ぎょいこう)」もそのひとつです。 御衣黄は、花びらが上品な薄緑色です。 それじゃあまるで葉っぱみたいと思われるかもしれませんが、よく見ると八重になっていてそれなりに華やかです。 確 ...続きを見る

2023年4月8日(土) KONOMATAのひとり言

樋野さんの笛

御井神社の秋の例大祭で、笛の奏楽をお願いしている樋野達夫さんのことが、4月6日付けの山陰中央新報「明窓」に掲載されていました。 樋野さんと言えば、現在出雲地方では並ぶ者のいない笛の名手として慕われています。 笛を教えたお弟子さんもたくさんおられます。 その樋野さんは、ご自分でも笛を製作しそれは主に「龍笛(りゅうてき)」と呼ばれています。 神楽で使われるよく似た ...続きを見る

2023年4月7日(金) KONOMATAのひとり言

至福の珈琲

珈琲が好きで、1日2回は自分で淹れて飲んでいます。 子どもの頃は、インスタントコーヒーが主流でした。 苦かったので砂糖やミルクを入れて飲んでいました。 大人になってからは、豆を挽いた珈琲を飲むようになり毎日飲みたくなるくらいはまっています。 珈琲は、まず香りがいいですね。心が安らぎます。 ただ苦いだけではなく酸味やコクや甘みさえ感じるときがあります。 豆の ...続きを見る

2023年4月6日(木) KONOMATAのひとり言

関の五本松公園

「ハァ〜〜 関の五本松 ア ドッコイショ 一本切りゃ四本 あとは切られぬ 夫婦松… 」と歌われる民謡関の五本松。 かつて松江街道沿いに生えていた五本松は、船乗りたちの目印として親しまれていました。 ところがある日、そのうちの一本が通行を妨げるため伐採されてしまいました。 この事件から上の歌詞が生まれ、美保関の花柳界でお座敷歌にのせて歌われるようになりま ...続きを見る

2023年4月5日(水) KONOMATAのひとり言

KONOMATAライブ再演

昨年の5月に開催した「KONOMATAライブ」。 今年も開催することになりました。 昨年お世話になったYAIKO企画の原さん、野津さん、正木さんと打ち合わせをしました。 昨年のことを思い出しながら時間や準備するものなど大まかなことを相談しました。 前回は、天気にも恵まれたくさんの人にご来場いただきました。 今年も皆さまに楽しんでいただけるように準備致します。 詳しい内容 ...続きを見る

2023年4月4日(火) KONOMATAのひとり言

ヒゲダンの聖地巡礼

ウォーキングが好きでいろいろな場所を歩いています。 先日は、母校の島根大学の周辺を歩いてみました。 島根大学といえば、今ヒット曲を連発し音楽業界を席巻している「Official 髭男 dism (ヒゲダン)」 のメンバー3人の母校です。もう一人は松江高専出身です。 大学の北側に「ソフトビジネスパーク島根」があります。 その中にある「風の丘公園」は、メンバーが散歩をしたり、遊 ...続きを見る

2023年4月3日(月) KONOMATAのひとり言

コロナ禍を乗り越えて

3月、4月の年度末・年度始めには、神社で総代会や神社委員会が開かれ、人が集まる機会が増えます。 新年度の神社の行事予定は、原則としてコロナ禍前と同じように取り組めるものは行ないたいと考えています。 コロナのために行うことを控えていた剣舞や神楽、御神酒拝戴(はいたい)などもご神事なので復活したいと思います。 今年の桜の花を見て、ようやく世間にコロナの不安が和らい ...続きを見る

2023年4月2日(日) KONOMATAのひとり言

まだまだ続く花だより

県内各地のお花見の様子をお知らせしておりましたが、氏子さんからもいろいろな情報が寄せられました。 氏子の黒田さんからは、雲南市木次町の斐伊川土手の桜並木の写真を送っていただきました。 写真にあるバスは、2階建てで屋根はオープンになっています。 桜のトンネルをくぐるときは、桜の花に手が届くかのようです。 晴天が続いていますが、少し涼しいので桜の花も長持ちして ...続きを見る