コウノトリ

宗教法人御井神社

0853-72-3146

〒699-0631  島根県出雲市斐川町直江2518

受付時間:10:00~15:00

ブログ

コウノトリ

宮司のコラム

2017/07/25 コウノトリ

 

江戸時代は日本の至る所で見られていた『コウノトリ』

明治以降、環境の激変により野生のものは激減し1971年に

最後の一羽が死に日本の空からコウノトリは姿を消しました。

1965年からコウノトリの種の保存のために兵庫県豊岡市で

人口飼育が始まりましたが、人口繁殖に成功するのは25年経

った1989年のことでした。それ以来、少しずつ数が増え、

2005年からコウノトリの放鳥が始まりました。

(豊岡市HPより抜粋)

 

先日の早朝、神社の総代長さんから電話があり

「神社の周りの田んぼにコウノトリがいましたよ!」と

連絡をいただきました。

 

思い返せば、去年の春頃、社務所の屋根のてっぺんに一羽の

コウノトリがとまっていました。遠くから見ると鶴にも似た

姿をしています。周辺の田んぼでは白鷺の姿をよく見かけま

すが白鷺よりも一回り大きく、羽を広げて飛び立つ姿は堂々

たる威厳を感じました。

 

ヨーロッパではコウノトリが赤ちゃんを運んでくるという

言い伝えがあります。御井神社の社務所の屋根に降り立った

コウノトリは参拝される方々の安産を祝福してくれているよ

うな気がしました。

 

一年経って、再び現れたコウノトリと共に皆様の安産をお祈り

いたします。。。

 

 

 

宗教法人御井神社

電話番号 0853-72-3146
住所 〒699-0631 島根県出雲市斐川町直江2518
受付時間 【10:00~15:00】

TOP