神符(ごふ)について

宗教法人御井神社

0853-72-3146

〒699-0631  島根県出雲市斐川町直江2518

受付時間:10:00~15:00

ブログ

神符(ごふ)について

宮司のコラム

2017/06/12 神符(ごふ)について

 

安産祈願の授与品の中に「神符」と書かれた小さな袋が入っ

ています。陣痛が始まってからお水と一緒に飲んでいただくと

 

「安産まちがいなし」

と古くから言い伝えられてきました。

 

ある時、安産の御祈願が終わって

 

「神符の入っている袋をすぐに開けていいですか?」

と聞かれた妊婦さんがおられました。

 

わけを聞くと

神符の黒豆が割れていたら女の子、割れていなかったら男の子

という言い伝えを聞かれたそうです。

 

 

もちろん確証はありませんので、本当に性別を知りたい方は病院

で確認された方が間違いありません。

 

しかしその昔は、赤ちゃんが誕生するまでは男の子か女の子かわ

かりませんでした。

 

神符の黒豆を通して、生まれてくる赤ちゃんに思いを馳せる親の

気持ちが伝わります。。。

 

 

宗教法人御井神社

電話番号 0853-72-3146
住所 〒699-0631 島根県出雲市斐川町直江2518
受付時間 【10:00~15:00】

TOP